プラセンタの上手な飲み方

プラセンタの上手な飲み方としては、まず「摂取量」が重要です。
大体一日に500mgから1000mgを摂れば良いということが研究結果によって判明していますが、
もちろんそれで効かない人や逆に副作用が出るほど効きすぎてしまう人もいますので、急激な多量摂取などは間違いなくおすすめできません。

ホルモンバランスが崩れた女性は摂取すれば段々と整っていきますが、
逆に狂いなくホルモンが出ている方がプラセンタを飲み続けると婦人系の副作用が出る場合があるそうです。
よって、プラセンタの最適な摂取量をはかるためには少量から飲みはじめるのが良いとされています。

また、プラセンタを継続して飲みつづけることも摂取量と同じくらい重要です。
三日坊主はもちろんのこと、1か月や3ヶ月程度ではなかなか効果を実感できない場合もあります。
もちろん、サプリメントや粉末などは一日分の決められた用量がありますから、
それについても守らなければなりません。
飲み忘れが頻繁に続いたりすると、たとえ半年間飲み続けたとしてもはっきり効果が出るのはもっと先に延びていってしまいます。

特に忙しい方に起こりやすい問題として、朝食と昼食を一緒に摂るような場合があります。
つい「食事が一回だからプラセンタも一回でいいか…」となってしまいがちなのですが、
効果を体感するために飲むのであれば朝も昼もしっかり分けて飲まなくてはなりません。

昼と夜、夜と朝などについても同様です。
時間がないときにこそ飲みたいサプリメントですから、食事は軽めに抑えてもサプリメントはしっかり服用するようにしたいものです。
サプリメントを飲むときはミネラルウォーターhttp://xn--gckg0e8bzevco2lb.asia/で飲むと良いそうです。
お茶やジュースだと効果を半減してしまったりするので気をつけましょう。

もしも効果が感じられない場合は長期的に飲んでいく必要がありますが、逆に調子が良くなったからもう飲まなくても良さそうだ、と思った場合は使用を中止しても構いません。
薬などと違って決められた日数を守る必要はありませんから、用量だけしっかりと守って、あとは体調などにあわせて調節していくと良いでしょう。

▲ページトップへ