プラセンタと献血の関係

注目の美容成分、プラセンタは現在サプリメントや美容液をはじめ、色々な製品に用いられています。
プラセンタの効果をよりはっきりと実感したい人のなかには、「プラセンタ注射」を考えている方もいるのではないでしょうか。

プラセンタ注射はその名の通り、プラセンタの原液を体内に注射する方法です。
美容効果が高く、繰り返し注射するうちに効果が長くもつようになるということで美容業界でも採りいれられている処置ですが、実は一つだけ注射には問題点があります。

それは、一度でも注射を受けたことがある方は献血が出来ない、ということ。

これは厚生労働省の方針によって定められているもので、プラセンタによる注射を受けた方は
クロイツフェルト・ヤコブ病という病気の感染リスクをもっており、完全に抑えきれていないため血液から第三者への感染を防ぐためといわれています。
クロイツフェルト・ヤコブ病とは人間版の狂牛病とも言われており、身体の自由がきかなくなってしまう恐ろしい病気です。
とはいえ、今まで一度も輸血を行って、ヤコブ病に感染してしまった例は報告されていません。

実例がないので安心ではないか、と思う方もいるかもしれませんが、
ヤコブ病への効果的な治療方法がない現状では、献血を拒否するしか感染を防ぐ方法がないというのもまた事実です。
ちなみに、現時点で否定されるものはプラセンタ注射を受けた方の献血のみであって、
化粧品やサプリメントなどを使用している方の献血はその対象からは外れています。
よって、プラセンタをこれから試そうと思っている方のなかで献血を日常的に行っていたり、
万が一の輸血に備えておきたいという方は、注射ではなくサプリメントや美容液などを使用された方が確実といえるでしょう。

しかしながら、なにげなく注射をしてあとから献血ができなくなってしまったということのないように注射の段階で医師からは説明があるはずです。
もしもこれから注射をしようと思っている方は、そうした献血のリスクについてよく知ったうえで処置を受けられることをおすすめします。

▲ページトップへ