プラセンタの効果とは

プラセンタはヒトやブタ、ウマの胎盤から抽出された成分の一つであり、健康維持や美容に効果があるとされています。

その主な効果として、最近注目されている美白、美肌、アンチエイジングといった美容効果をはじめ、疲労回復や体調の改善など、また最近では女性のホルモンバランス改善にも一定の効果が期待できるということで注目されています。

プラセンタが高い効果を発揮する理由としては、エキスの中に様々な成分が含まれているためと考えられています。人間が生命を維持するために必要な成分が数多く含まれているということで、下に箇条書きにしてまとめています。


●三大栄養素:人間の身体に欠かせないもの。エネルギーを作り出し、かつ肉体を維持するのに必要。
●ビタミン・ミネラル:皮膚や筋肉など身体の内側、外側を問わず維持するために欠かせない成分。三大栄養素に次いで重要とされる。
●アミノ酸:たんぱく質の基になる。人体で構成出来るものと出来ないものがある。
●酵素:消化吸収、代謝などに必要な栄養素。
●核酸:新陳代謝に必要な栄養素。
●成長因子:別名、グロースファクターとも呼ばれる。胎児の細胞の分裂を促進し、新陳代謝を活発化させるもの。


これだけでも十分過ぎると思えますが、プラセンタは特に「成長因子」が美容やアンチエイジングに重要なはたらきをすると考えられています。EGF、FGFなどの成長因子は特に皮膚の細胞にはたらきかけるものであり、お肌の代謝を上げ、かつ潤いを保つ機能があるとされています。プラセンタが美容液や保湿クリームなどに含まれているのはそういった効果が期待されるためです。

本来、胎児のうちしかプラセンタの恩恵にはあずかることができませんでしたが、今は積極的にサプリメントや注射、クリームなどから体調を整えていくことができるようになりました。ホルモンバランスの改善や疲労回復など、アンチエイジング以外の効果についてもますます注目されていくのではないでしょうか。

▲ページトップへ